「農地所有適格法人を作る理由.jp」では、農地所有適格法人(旧:農業生産法人)の新規参入・設立のメリット、資金調達、補助金・助成金の申請、法人化した後の相続・譲渡、節税など、農業ビジネスの仕組みをわかりやすく解説しています。

農地所有適格法人(旧:農業生産法人)設立コンサルティング | 日本中央税理士法人 Tel. 03-3539-3047 担当:青木

農業最前線ニュース

2016.02.08
農地所有適格法人(旧:農業生産法人)で働く社員を研修することで、生産効率を上げて、かつ助成金をもらおう。

農地所有適格法人(旧:農業生産法人)が、人手が足りずに、社員を採用することがあると思います。 季節的な対応であれば、アルバイトでもよいですが、農地を買って増やし...

続きを読む

2015.10.30
農地所有適格法人(旧:農業生産法人)が、認定農業者になるメリットは、かなり大きい

認定農業者制度とは、市町村が、農業経営の目標を達成するために、これからを担う農地所有適格法人(旧:農業生産法人)(個人の農業者でも可)を認定することで、重点的に...

続きを読む

2015.08.31
農地所有適格法人(旧:農業生産法人)の経営や人材育成に関しての補助金と助成金を知っておこう

個人で農業を行うよりも、農地所有適格法人(旧:農業生産法人)の方が、申請できる補助金や助成金の数は増えます。 まず、農地所有適格法人(旧:農業生産法人)を作ると...

続きを読む

2015.08.14
農地所有適格法人(旧:農業生産法人)の定款を作成するときに、気を付けること

株式会社である、農地所有適格法人(旧:農業生産法人)を設立するときに、注意すべきことを、項目ごとに、挙げていきます。 (1)目的 目的とは、農地所有適格法人(旧...

続きを読む

2015.07.29
農地所有適格法人(旧:農業生産法人)で、社員を雇うと、助成金がもらえます。

農地所有適格法人(旧:農業生産法人)を設立して、農業を始めても、すぐに農作物が収穫できるわけではありません。 もし借りた農地が広ければ、1人では人手が足りず、社...

続きを読む

2015.06.26
農地に対する規制が、今後、改善されることを期待します

小泉政権時代に、規制緩和という掛け声によって、いろいろな法律が改正されていきました。 小泉首相といえば、郵政民営化が一番、有名ですが、それ以外の改革もたくさん、...

続きを読む

2015.05.28
どうして、これほどまで、農地所有適格法人(旧:農業生産法人)だけが増えてきたのか?

最近、農地所有適格法人(旧:農業生産法人)の数は、倍増しています。 平成22年で、1696社だったのが、平成26年の4年後には、3679社と、2倍以上に伸びてい...

続きを読む

2015.05.05
農事組合法人は、株式会社に簡単に変更することができるのか?

農事組合法人の規模が大きくなり、組織化したいと考えた時に、株式会社である農地所有適格法人(旧:農業生産法人)に移行した方がよいでしょう。 ただ、農事組合法人を一...

続きを読む

2015.04.21
農地所有適格法人(旧:農業生産法人)の理事と取締役の役割と責任を知り、就任すべきか判断しよう

役員とは、農事組合法人や農地所有適格法人(旧:農業生産法人)の組織の運営について、責任ある地位についている人です。 農事組合法人の役員は、理事及び監事のことを指...

続きを読む

2015.03.16
今年も、多くの農地所有適格法人(旧:農業生産法人)が、ものづくり補助金を申請しています。

ものづくり補助金を知っていますか? 最大1000万円まで、かつ3分の2までという制限がありますが、農地所有適格法人(旧:農業生産法人)で問題なく、申請できる補助...

続きを読む

お問い合せはこちらをクリック