「農地所有適格法人を作る理由.jp」では、農地所有適格法人(旧:農業生産法人)の新規参入・設立のメリット、資金調達、補助金・助成金の申請、法人化した後の相続・譲渡、節税など、農業ビジネスの仕組みをわかりやすく解説しています。

農地所有適格法人(旧:農業生産法人)設立コンサルティング | 日本中央税理士法人 Tel. 03-3539-3047 担当:青木

農業最前線ニュース

2019.04.26
父親から子供に分割払いで農業用倉庫を売却すれば、減価償却費を大きく計上できます。

1.親子間での貸し借りは無料が多い 30年以上も個人事業主として農業を行ってきた父親が高齢となったことで、事業主を廃止するとともに生計一の子供が農業を継ぐことに...

続きを読む

2019.03.15
農地を所有する農地所有適格法人だけではなく、農作物の商社を設立すると利益率も資金繰りも改善します。

農地所有適格法人を設立するだけではなく、2つ目の会社を設立するとメリットが広がるケースもあります。 もちろん、農地を所有する農地所有適格法人を2つ設立するわけで...

続きを読む

2019.02.08
個人事業主の農家よりも、農地所有適格法人の方が交際費の範囲は広がります。

農業を個人事業主として運営していても、農地所有適格法人を設立して運営していても、取引先や農業を手伝ってもらう人と会食などに行くはずです。 このとき、個人事業主の...

続きを読む

2018.10.30
高額ではない日当や支度金であれば、所得税も社会保険料もかかりません。

農業法人の役員や従業員が他県の農場の視察などで出張することがよくあります。 その場合には、旅費規程で日当を設定して出張のたびに支給すれば、所得税もかからず非課税...

続きを読む

2018.08.24
従業員に対して、個人事業主のときに1回目、農地所有適格法人のときに2回目の退職金が支払えます。

所得税は累進税率ですので、給料に比例して税率が上がるわけではありません。 給料が増えると一気に税率が上がってしまうのです。 例えば、年収360万円であれば約36...

続きを読む

2018.07.26
後継者が株主である農地所有適格法人に農地を売却すれば、相続でもめない。

農地を所有している父親の相続が発生すると、その農地は遺産分割協議によって相続する人を決めることになります。 通常は農業の後継者が農地を相続すべきです。 ところが...

続きを読む

2018.01.30
農地所有適格法人が農地を買ったときの登録免許税などの付随費用は、支払った時の一時の経費にできます。

農地所有適格法人が農地を買ったときには、売買代金だけではなく、それに付随する費用も支払います。 これが農地という固定資産の取得価額になるか、一時の経費になるかで...

続きを読む

2017.12.06
農地の固定資産税を下げる方法とは?

あなたは毎年5月ぐらいに、市町村から細長い封筒で送られてくる固定資産税の納税通知書を見て、固定資産税を支払っているはずです。 1月1日時点で農地を所有している人...

続きを読む

2017.10.26
農地を交換すれば、その売却益を100%将来に繰り延べることができます。

農地所有適格法人が所有する農地がすべて1ヶ所に固まっていればよいのですが、飛び地になって生産効率が悪いケースも多く見受けられます。 その場合には、農地を交換する...

続きを読む

2017.08.02
従業員に決算賞与を支払えば、やる気を引き上げるだけではなく、農地所有適格法人の経費にもなります。

農地所有適格法人では、当然ですが役員と従業員のそれぞれに対して賞与を支払うことができます。 ただ、それぞれで賞与を支払うときには、注意が必要です。 まず役員に対...

続きを読む

お問い合せはこちらをクリック