「農地所有適格法人を作る理由.jp」では、農地所有適格法人(旧:農業生産法人)の新規参入・設立のメリット、資金調達、補助金・助成金の申請、法人化した後の相続・譲渡、節税など、農業ビジネスの仕組みをわかりやすく解説しています。

農地所有適格法人(旧:農業生産法人)設立コンサルティング | 日本中央税理士法人 Tel. 03-3539-3047 担当:青木

農業最前線ニュース

2018.08.24
従業員に対して、個人事業主のときに1回目、農地所有適格法人のときに2回目の退職金が支払えます。

所得税は累進税率ですので、給料に比例して税率が上がるわけではありません。 給料が増えると一気に税率が上がってしまうのです。 例えば、年収360万円であれば約36...

続きを読む

2018.07.26
後継者が株主である農地所有適格法人に農地を売却すれば、相続でもめない。

農地を所有している父親の相続が発生すると、その農地は遺産分割協議によって相続する人を決めることになります。 通常は農業の後継者が農地を相続すべきです。 ところが...

続きを読む

2018.01.30
農地所有適格法人が農地を買ったときの登録免許税などの付随費用は、支払った時の一時の経費にできます。

農地所有適格法人が農地を買ったときには、売買代金だけではなく、それに付随する費用も支払います。 これが農地という固定資産の取得価額になるか、一時の経費になるかで...

続きを読む

2017.12.06
農地の固定資産税を下げる方法とは?

あなたは毎年5月ぐらいに、市町村から細長い封筒で送られてくる固定資産税の納税通知書を見て、固定資産税を支払っているはずです。 1月1日時点で農地を所有している人...

続きを読む

2017.10.26
農地を交換すれば、その売却益を100%将来に繰り延べることができます。

農地所有適格法人が所有する農地がすべて1ヶ所に固まっていればよいのですが、飛び地になって生産効率が悪いケースも多く見受けられます。 その場合には、農地を交換する...

続きを読む

2017.08.02
従業員に決算賞与を支払えば、やる気を引き上げるだけではなく、農地所有適格法人の経費にもなります。

農地所有適格法人では、当然ですが役員と従業員のそれぞれに対して賞与を支払うことができます。 ただ、それぞれで賞与を支払うときには、注意が必要です。 まず役員に対...

続きを読む

2017.06.01
農地所有適格法人であれば、減価償却費の金額を自由に変更できて、かつ赤字も将来へ10年間も繰り越せます。

個人事業主でも、農地所有適格法人でも、農業は車両や農業機械設備に投資することが多くあります。固定資産を保有すると、一度には経費にならず、税法で決められた耐用年数...

続きを読む

2017.04.25
農地所有適格法人が農業経営基盤強化準備金制度を活用すれば、利益を将来に繰り延べることができます。

農地所有適格法人で、かつ認定農業者又は特定農業法人であれば、青色申告を行っていることが前提ですが、農業経営基盤強化準備金制度を活用できます。 通常、対象となる交...

続きを読む

2017.04.05
農地所有適格法人ならば、誰でも株主として出資してもらい、資金調達ができる

個人事業主として農業を行っていて、資金調達をしようと考えた場合には、親戚や友人からお金を借りるか、銀行に融資を申し込むしかありません。つまり、お金を借りるという...

続きを読む

2017.02.28
農地中間管理機構に農地を貸し付けるだけで、農業年金がもらえるんです。

農業者年金は、保険料の一部が国庫補助されており、国民年金に上乗せされる年金で、かなり優遇された制度なので、ぜひもらうべきです。 まず、農業に従事している父親が6...

続きを読む

お問い合せはこちらをクリック